LoreLog

LoreLog

やりたいことなのか

昨日も

プロタゴニスタさんから

『一緒にやっていい?』と言われたので

もちろん大歓迎で

合同トレーニング

一緒にやりたいと思ってもらえるのは嬉しいし

子供たちにも

誰とでもサッカーを楽しめるスキルを身に付けてほしいからね

是非またやりましょう

ジュニアスクールは

プロタゴニスタさんと

混ざってゲーム

ジュニアユースは

自分たちで考えて練習

どちらも自分たちで

楽しく成長してそうだったので

途中から俺はキッズを担当

ここはまだ

自分たちでは難しいので

何とかサッカーを楽しんでもらおうと

いろんな角度からアプローチして頑張った 笑

キッズの子たちは

その日の気分にもよるし

思い通りにならないといじけるし

すぐ疲れたて言うし

すぐどっか行くし

虫見つけたり遊んだりするのに夢中だし 笑

でも

無理矢理サッカーをやらせようとしても逆効果

固まって動かなくなる 笑

いかに楽しい

やってみいたと思わせるか

昨日は

勇気づける言葉をかけたり

とにかく誉めたり

たくさん成功をさせてあげたり

とにかく前向きなアプローチをたくさんしてあげたら

最後の方は

水筒を全部飲み干すくらい

汗だくになり走ってサッカーしてた

俺は

水筒もなく汗だくになったけどね 笑

相手したのか

相手されたのかわからん 笑

キッズの指導は一番エネルギーをもらうけど

その分、吸いとられる 笑

プラマイゼロだな 笑

でも

サッカーを少しずつ好きなっていく姿は

見ていて嬉しくなる

サッカーとの良い出会いの提供は

指導者として

とても大切なこと

だからこそ

慎重に焦らずやりたい

このスタートで

サッカーがやらないといけないことになるのか

サッカーが好きでやりたいことになるのかでは

その先で

ものすごい大きな差になるからね

たとえ周りと比べてスタートが遅れたとしても

サッカーが好きでやりたいことになれば

いつからでも

驚くスピードで成長して

追い付き追い越せる

だから

周りの子と比べるのではなく

その子自身と向き合ってあげることが大切かな

焦らず

ゆっくり

子供に寄り添って頑張ります

また相手してねー笑

※以前のブログはこちら

タイトルとURLをコピーしました