LoreLog

LoreLog

信じて待つ

ジュニアスクール

昨日は久しぶりに

あまりよろしくなかったね

みんなが悪い方に流される感じ

その中でも

いつも通りやれてる子達もいた

そういう子が増えてきたのは良いことかな

自分の成長と向き合い始めた子達は

どんどん伸びていくだろう

目標はそれを当たり前の環境にすること

みんなが自分の成長と向き合い

夢中で取り組む環境ができれば

子供たちは自然と上手くなる

ただ

その環境を作ることは

簡単ではない

時間と子供たちの力が必要

子供たちが主体的に取り組むこと

子供たちが主役になることで

より自然にそういう環境ができると思う

大人が管理して

子供たちが

常に大人の顔色や機嫌を伺いながらサッカーをするのではなく

できるだけ自由に

自分たちが感情や発想を表現し

たくさん

安心して失敗できる

そして

その失敗を大人の問題ではく

子供自身が自分の問題として向き合い成長できるように

見守りながらサポートする

焦らず

1つひとつ積み上げていかないとね

昨日も子供たちに話をして伝えた

でもあくまでも

それを選択するのは子供たち

大人は良いこと悪いこと

すぐに理解できるし

感情もコントロールできる

でも子供は時間がかかるし

間違える

それを受け入れ

信じて待ってあげることで

子供は自ら前向きな選択をできるようになると思う

少しずつ

自分にとって何がプラスなのか考え

それが誰かのためになっているのか

自ら良い選択ができるようになってほしいね

そのためなら

俺はどれだけでも子供を信じて

待ってあげれるかな

すべての子に必ず無限の可能があると思うから

※以前のブログはこちら

タイトルとURLをコピーしました